脱毛方法によって痛みの強さは違うの?

これから初めて脱毛を行うという人にとって、不安を感じるポイントの1つが、施術の際の痛みだと思います。

 

そこで主な脱毛方法を痛みの強さを基準にして比較してみると、最も痛みが強いのはニードル脱毛という方法です。

 

ニードル脱毛は毛穴の一つ一つに針を刺して、その針の先から電流を流すことによって、毛根を焼き切るという方法です。そのため脱毛効果は高いのですが、その反面痛みは非常に強く、その痛みに耐え切れずに途中で契約を解除してしまう人も少なくないと言われるほどです。

 

その次に痛みが強いのが、脱毛クリニック等の医療施設で行われているレーザー脱毛です。レーザー脱毛は毛根のメラニン色素に反応する光を照射することによって、毛母細胞を破壊するという脱毛方法です。

 

この方法も脱毛効果は高く、永久脱毛も可能だと言われていますが、ニードル脱毛ほどではないものの、痛みはそれなりに強くなります。

 

そして最後に最も痛みが少ないのが、脱毛サロン等で行われているフラッシュ脱毛です。こちらもレーザー脱毛と同じく、メラニン色素に反応する光を照射するという方法になりますが、レーザー脱毛に比べて出力が弱いために、痛みはほとんど感じないほどだと言われています。

 

もっとも痛みの感じ方には個人差もありますので、一概に言うことはできませんが、少なくとも極端に痛みが苦手だという人の場合であれば、脱毛サロンのフラッシュ脱毛を選んでおいた方が無難だと言えるでしょう。

 

未成年や学生におすすめの全身脱毛ランキング