脱毛のメカニズム(原理)

脱毛といえば昨今主流になっているレーザー脱毛や光脱毛を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。しかしこれらの方法でなぜ毛が綺麗になるのか疑問に思うこともあるかもしれません。

 

実はレーザー脱毛と光脱毛の原理は基本的には同じで、照射される光の波長と出力の違いだけだといわれています。

 

便宜上レーザー脱毛を例に見ていくと、レーザー脱毛とはとある特定の色に反応するレーザーを照射するというものです。ある特定の色というのは毛の色素、メラニン色素とも言われるものですね。

 

レーザーが皮膚の表面に当たると黒い毛に反応し、レーザーの熱が吸収されます。吸収された熱はだんだんと周囲に広がっていき、毛球部にある毛母細胞を破壊します。毛母細胞とは毛の元とも言える部分ですので、これが破壊されることによって毛が生えてこなくなるという仕組みです。

 

実はこのレーザーが反応するのは毛の成長期のみとされています。

 

毛には成長期、退行期、休止期というサイクルが存在しています。毛周期と呼ばれるそれは毛によっても異なるため、それぞれのサイクルに合わせてレーザーを照射する必要があるのです。そのため脱毛には何度も通う必要があるのですね。

 

黒い色に反応するという原理の都合上、色素沈着が激しい部分や産毛などの薄い毛には不向きという側面もあるため、留意しておくと良いかと思います。

 

未成年や学生におすすめの全身脱毛ランキング