フラッシュ脱毛のメリットとデメリット

フラッシュ脱毛は光脱毛とも呼ばれていて、エステティックサロンで主流となっている脱毛方法です。

 

原理そのものは医療機関で行われているレーザー脱毛と同じで、黒いメラニン色素だけに反応する光を照射して、毛根にダメージを与えることによって、毛を再生させる能力を衰えさせるという脱毛方法です。

 

フラッシュ脱毛のメリットとは?

フラッシュ脱毛の大きなメリットの1つは、費用を安く抑えられることです。まずレーザー脱毛は医療行為にあたる上に、目的が美容であるために健康保険も適用されませんので、どうしても費用は割高になってしまいます。

 

またニードル脱毛の場合は高度な技術を持った施術者でなければ行えない上、大変な時間を必要とする脱毛方法でもありますので、こちらも人件費の問題で費用が高くなります。

 

それらの方法に比べれば、フラッシュ脱毛は医療行為ではありませんから、一定以上のスキルを持っているエステティシャンであれば施術を行うことができます。

 

また広い範囲を一度に処理できますので、施術の時間も短くて済みますから、当然脱毛にかかるコストも低くなるため、料金を安く設定することができるというわけです。

 

それ以外のメリットとしては、痛みが少ないことも挙げられます。とはいえ痛みの感じ方には個人差もありますので、全く痛みが無いというわけではありませんが、冷却ジェル等で冷やしながら照射を行えば、ほとんど無痛に近いとも言われるほどです。

 

さらには光の作用によって毛穴が引き締まるために、脱毛だけではなく美肌効果も得られるというメリットもあります。

 

フラッシュ脱毛にはデメリットもある?

一方でフラッシュ脱毛にはデメリットもいくつかありますが、その1つが脱毛効果の弱さです。フラッシュ脱毛はレーザー脱毛に比べて出力が低いために、毛根にある程度のダメージを与えることはできても、破壊することはできません。

 

そのためレーザー脱毛では永久脱毛を行うことが可能だと言われていますが、フラッシュ脱毛の場合は永久脱毛ではなく、あくまでも減毛と考える必要があります。ただし脱毛効果の出方にも個人差があり、フラッシュ脱毛でも永久脱毛に近い効果が得られる場合もあります。

 

そしてこれは原理が同じである以上、レーザー脱毛にも共通して言えることなのですが、黒いメラニン色素に反応するという性質上、日焼けした肌や色素が沈着した肌の場合は、火傷をする恐れがありますので照射を行うことができません。

 

また産毛等の細い毛や色の薄い毛には光が反応しにくいため、脱毛効果があまり期待できないというデメリットもあります。

 

未成年や学生におすすめの全身脱毛ランキング